トップ> 話題になっている感染症(麻しん(はしか))
施設検索データベース
メールマガジン
モバイルサイト
麻しん(はしか)について

今般、全国的に麻しん(はしか)の届出が増加しています。
(H28年9月2日現在、長崎市においての届出はありません。)
予防策として、定期予防接種を確実に行うことが非常に有効です。
また、麻しん(はしか)が疑われる症状が見られた場合は、かかりつけ医へ相談の上、速やかに受診してください。


感染経路

麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。


潜伏期間

感染から10~12日間


症状

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。


予防策

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません。麻しんワクチンが有効な予防法です。


関連リンク

市民健康部 地域保健課

電話番号:095-829-1153

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)