トップ> お知らせ> 新着情報> 長崎医師保育サポートシステム 保育サポーター募集

市民の皆さん、あなたの保育経験や子育てキャリアを活かして、「保育サポーター」に登録してみませんか?

「長崎医師保育サポートシステム」とは、育児支援を必要とする医師と、その医師の希望に沿った活動ができる一般市民の「保育サポーター」を、長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンターの担当者(コーディネーター)が、橋渡し役として紹介(マッチング)を行います。1名の医師に対して2名の「保育サポーター」を紹介することで、迅速かつ細やかに対応し、子育ての負担を軽減することで、医師の就労継続の支援を目的としています。

<こんな方にピッタリ>

1.好きな日時に働きたい!

→日数・時間帯等はご希望をもとに相談して決めます。おおむね1~2時間の依頼が多いです。

2.子どもが好き!

→あなたの保育経験や子育てキャリアが役に立ちます。

3.社会貢献がしたい!

→あなたが支える医師が、安心して働くことで、長崎県の医療に貢献できます。

※すぐに働きたい、安定した収入が必要な方のご希望には添えない可能性があります。




お申込みなど詳しくは・・・

保育サポーターに関心のある方、詳しくはコチラ(あじさいプロジェクトHP)へ

あじさいプロジェクト事務局 長崎大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター

(担当 コーディネーター:有馬)

TEL&FAX:095-819-7979







このページで紹介しているシステムは、医師の方を対象とした育児支援サービスです。

長崎市民の皆さんを対象とした一時的な預かりには、「ファミリー・サポート・センターながさき」という制度があります。

詳しくはコチラから⇒ファミリー・サポート・センターながさき