トップ> 知りたい> 手当・助成> 市営住宅への子育て世帯優先入居について

 未来の長崎を担う子どもの、育てやすい環境を整備するため、未就学児を育てている世帯が市営住宅に優先的に入居できる制度を設けています。

 募集時期など詳しくは、長崎市ホームページをご覧ください


1 子育て世帯の定期借家制度(期限付き入居)

  期限付きの入居である「定期借家制度」を導入し、子育て世帯が優先的に入居できる部屋として確保します。(主に住宅新築時)

 入居期間に10年という期限を設けることによって、継続的に子育て世帯を支援していくことを目的としています。


○対象 小学校就学前のお子さんと同居し、かつ、そのお子さんを扶養しているかた

○入居期間 10年

 ※入居期間満了時に義務教育を終えていないお子さんがいる等、一定の条件を満たしている場合は、延長可。



2 特定目的住宅制度

 

 子育て世帯・老人世帯・心身障害者世帯・母子世帯など、一般申込者より優先して住宅の支援を行う必要があると認めた世帯を対象に、年6回の公募時に、優先的に申込みができる住宅を設定しています。

 ※子育ての対象となるお子さんが、4月から新小学校1年生になる世帯は、4月の定期空家募集において、子育て世帯向住宅の応募対象となりませんので、ご注意ください。


住宅課
095-829-1185