トップ> 知りたい> 子ども(赤ちゃん)のからだと健康> 産婦・新生児及び乳児訪問指導
産婦・新生児及び乳児訪問指導

赤ちゃんにとって退院は、新しい環境での生活のスタートです。
お母さんにとっても一日中赤ちゃんがそばにいるのですから、いろいろなことが気になります。
そんな母子の戸惑いの解消のために保健師や助産師がご家庭に伺って育児その他の相談に応じます。
 

対象 生後2か月までの赤ちゃんとそのお母さん(産婦さん)
方法 母子健康手帳別冊に綴じこんである「赤ちゃん訪問希望連絡票」を記入後、下記お問い合わせ先に送付して頂くか、電話・ファクスでご連絡ください。


低出生体重児訪問等指導

出生時の体重が2,500グラム未満の赤ちゃんの保護者のかたは長崎市長へ届け出が必要です。
母子健康手帳別冊に綴じこんである「低体重児出生届」に記入後、下記お問い合わせ先に届け出てください。(電話。FAX可)
お住まいの地区の担当保健師等が育児などについての不安や疑問に応じて電話や家庭訪問等で対応します。

こども健康課支援係
〒850-8685 長崎市桜町6-3(別館1階)
電話:095-829-1255 ファクス:095-829-1242
三和行政センター健康支援係
〒851-0403 長崎市布巻町111-1
電話095-892-1111
琴海行政センター健康支援係
〒851-3212 長崎市長浦町2664
電話095-885-2111