トップ> 知りたい> 子ども(赤ちゃん)のからだと健康> 未熟児・低体重児・その他の検査

低体重児出生届

出生時の体重が2,500グラム未満の赤ちゃんの保護者の方は長崎市長への届け出が必要です。
母子健康手帳別冊に綴じこんである「低体重児出生届」に記入してこども健康課支援係またはお近くの行政センターへ提出してください。(電話・ファックス・郵送可)

こども健康課支援係
〒850-8685 長崎市桜町6-3(別館1階)
電話:095-829-1255 ファクス:095-829-1242
三和行政センター健康支援係
〒851-0403 長崎市布巻町111-1
電話095-892-1111
琴海行政センター健康支援係
〒851-3212 長崎市長浦町2664
電話095-885-2111

 


新生児聴覚検査

ことばの発達には聴力が必要です。
生まれたばかりのときに「きこえ」の検査をすることで聴覚異常を早く発見し、適切な治療や訓練を受けることによって、他の赤ちゃんと同じように言葉が発達します。

 

対象 長崎市にお住いの保護者が希望されるかた
費用 検査方法により負担額が異なりますが、検査費用の一部(1500円)は公費で負担します。
手続き  詳しくは、こども健康課総務係までお問い合わせください。

 

 
こども健康課総務係
〒850-8685 長崎市桜町6-3(別館1階)
電話:095-829-1255


先天性代謝異常検査

生後5~7日頃の血液でお子さんの成長に大きく影響する病気(先天代謝異常)の発見ができます。
検査料は公費負担するため無料です。(採血料等の費用は有料です。)
母子健康手帳別冊に綴じこんである申込書に必要事項を記入して、出産した施設等に提出してください。
詳しくは、長崎県こども家庭課までお問い合わせください。

 
長崎県こども家庭課
〒850-8570 長崎市江戸町2-13
電話:095-824-1111(内線2441~2446)