連日、気温が高い日が続いており、熱中症が発生しやすくなっております。

こどもは大人に比べ、体温調節機能が未発達なため、体に熱がこもりやすく、体温が上昇しやすい特徴があります。特に屋外では、大人よりも背が低いため、地面から照り返しの影響を受け、大人が暑いと感じている以上に高温の環境下にさらされています。

また、遊びに夢中になってしまい、暑いことを忘れ、熱中症になる場合もあります。

特に小さいお子さんは、「暑い」「だるい」など自分の体調をことばで伝えることができなかったり、自分で服を脱ぎ着するなど体温調節もできにくいため、自ら予防対策をとることができません。

おとな(保護者)の皆さんの声掛けや対策をお願いします。


熱中症は予防が大切です
温度に気を配ろう

暑さ指数をチェックしましょう。

暑さ指数・・・気温・湿度・物体表面温度(輻射熱)を組み合わせて計算される熱中症予防のための指数

「環境省熱中症予防情報」はこちらからご覧になれます

「長崎の暑さ指数の状況と予測」はこちらからご覧になれます

高温注意情報をチェックしましょう。

翌日または当日の最高気温が概ね35度以上になることが予想される場合に、気象庁から高温注意情報が発表され、熱中症への注意が呼びかけられます。

「気象庁高温注意情報」はこちらからご覧になれます

「気象庁日中最高・最低気温分布予想」はこちらからご覧になれます

涼しい場所、施設を利用しましょう。


水分はこまめにとろう

こどもは新陳代謝が活発なため、汗やおしっことして体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすくあります。

外出時は水筒を持たせるなどし、屋内でも定期的な水分補給を心がけましょう。

熱や日差しから体を守ろう

熱のこもらない涼しい服装や屋外では帽子などを身につけるよう心がけましょう。

また、こどもは大人に比べ背が低く、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。

地面からの熱にも気を付けましょう。

まわりの大人が気がけよう

自ら言葉で伝えることができなかったり、体温調節もできにくいため、汗の出方や体温、顔色や泣き方など、こどもの様子をまわりの大人が気にかけましょう。

遊びに夢中になる場合も多く、大人が見守り、休憩や水分補給をすすめるように心がけましょう。

暑い環境に置き去りにしない

こどもを車内に放置したことによる熱中症はあとをたちません。

車内の温度は、短時間で一気に上昇します。

「寝ているから」「ちょっとだから」と、わずかな時間であっても、絶対に置き去りにしないようにしましょう。

熱中症かな・・・と思ったら、すぐに対処を!

「熱中症の対処方法(応急処置)」はこちらからご覧になれます


こども健康課

〒850-8685 長崎市桜町6-3 (市役所別館1階)
095-829-1255