トップ> 知りたい> 子ども(赤ちゃん)のからだと健康> 赤ちゃんをSIDS(シズ)から守るために
乳幼児突然死症候群って何?


 SIDS(Sudden Infant Death Syndrome)=乳幼児突然死症候群


 それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく睡眠中に突然死亡する病気です。原因は、まだわかっていません。日本では、およそ6,000人~7,000人に1人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっていると推定されています。生後2カ月~6カ月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。


 

SIDSから赤ちゃんを守るための3つのポイント

  1. うつぶせ寝は避ける
  2. 両親が煙草をやめる
  3. できるだけ母乳で育てる


詳しくは厚生労働省ホームページをご参照ください。

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/sids.html