トップ> 知りたい> 子ども(赤ちゃん)のからだと健康> 予防接種> 平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンの予防接種が定期接種になります

予防接種法施行令の一部改正により、平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種になることが決定しました。

定期接種に該当する人は、平成28年10月から無料で接種を受けることができます。


B型肝炎について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。

B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態を「キャリア」といいます)があります。

キャリアになると慢性肝炎になることがあり、肝硬変や肝がんなどの命に関わる病気を引き起こすこともあります。

B型肝炎ワクチンを接種することで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、周りの人への感染も防ぐことができます。


対象者

接種する日に長崎市に住民登録のある平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満の方

※母子感染予防のために、健康保険により、抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの投与の全部または一部を受けた方については、定期接種の対象外となります。


接種回数

3回

※定期接種が開始するより前に、定期接種に定められた方法で既に任意接種を受けた場合は、その回数を定期接種として受けたものとみなします。


接種方法

27日以上の間隔で2回接種後、1回目の接種から139日以上の間隔をあけて1回。

(標準的な接種期間:生後2か月から生後9か月に至るまで)

1回目から3回目までを接種するためには、おおよそ半年間かかります。

特に、平成28年4月、5月生まれの方で、平成28年10月の定期接種開始以降初めて接種される方は、接種期間が短くなっていますので、かかりつけ医と相談のうえ、早めに1回目を接種してください。


接種場所

長崎市内の予防接種医療機関リスト(PDFデータ)をご確認ください。


接種料金

対象者は無料(公費負担)

※平成28年10月1日より前に接種した分の接種費用については、自己負担(有料)となりますので、ご了承ください。


B型肝炎ワクチンの接種について

B型肝炎ワクチンの接種について、詳しくは次のリーフレットをご覧ください。

厚生労働省リーフレット(PDFデータ)

〒850-8685 長崎市桜町6-3
こども健康課 予防接種担当

095-829-1255