トップ> 知りたい> 子ども(赤ちゃん)のからだと健康> 予防接種> 【任意接種】B型肝炎ワクチンの任意予防接種費用を助成します

長崎市では、平成29年1月4日から、幼児を対象としたB型肝炎ワクチン任意予防接種費用の一部を助成します。
次の対象者の方は、助成期間中、B型肝炎ワクチン任意予防接種を、1回につき3,000円の自己負担で受けることができます。

助成期間

平成29年1月4日から平成29年12月31日まで

対象者

接種する日に長崎市に住民登録のある平成26年4月1日から平成28年3月31日までに生まれたお子さん
※母子感染予防のために、健康保険により、抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの投与の全部または一部を受けたお子さんについては、対象外となります。

助成回数

3回まで
※平成29年1月4日より前にB型肝炎ワクチン任意予防接種(1回目・2回目)を接種された方は、合計3回のうち未接種分の回数を助成。
(既に接種された分への助成はありません。)

接種場所

長崎市内の委託医療機関
※諫早市、西海市、長与町、時津町の一部医療機関でも接種できます。
委託医療機関一覧(PDFデータ)をご確認ください。

接種料(個人負担料)

1回につき3,000円(1人につき3回の接種まで助成対象です。)
※接種料は、医療機関の窓口でお支払ください。

その他

上記対象者のうち、生活保護受給世帯に属する方、または、市民税非課税世帯に属する方は、無料で接種できます。
接種を受ける際に、生活保護診療依頼証(受給証)、または、世帯主の市・県民税非課税証明書(接種日において最新のもの)(写しでも可)を医療機関に提示してください。

B型肝炎ワクチンの接種方法

3回接種(27日以上の間隔で2回接種後、1回目から139日以上の間隔をあけて1回接種)

〒850-8685 長崎市桜町6-3 こども健康課 予防接種担当

095-829-1255