トップ> 【ご注意ください】店舗用ショッピングカートでの子どもの事故について
施設検索データベース
メールマガジン
モバイルサイト
医療期間ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故
~転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!~



今般、独立行政法人国民生活センターから事故防止のために注意喚起・情報提供がありましたので、お知らせします。


スーパーマーケットやショッピングモール等の店舗には、購入する商品を運ぶための店舗用ショッピングカート(以下、「ショッピングカート」)があり、日常的に多くの消費者に利用されています。こうしたショッピングカートには、子どもを乗せる座席がついているものなど、大きさや形状にも様々なタイプがあります。店舗によっては、複数のタイプを揃(そろ)えており、子どもを座席に乗せて買い物をする姿もよく見受けられます。


一方、医療機関ネットワーク(注1)には、店舗で子どもがショッピングカートから落ちてしまった、ショッピングカートに乗ったまま転倒してしまったなどの事例が多く寄せられ、頭部や顔面にけがを負ったり、なかには骨折や頭蓋(がい)内損傷などの重症事例も寄せられています。


そこで、医療機関ネットワークで収集した店舗内でのショッピングカートによる子どもの事故情報について分析し、事故防止のために消費者に注意喚起・情報提供します。

  1. (注1)消費者庁と国民生活センターとの共同事業で、消費生活において生命または身体に被害が生じた事故に遭い、参画医療機関を受診したことによる事故情報を収集するもの(2010年12月から運用を開始)。

※ 独立行政法人 国民生活センターホームページより抜粋






詳細な内容につきましては、独立行政法人国民生活センターのホームページまたは以下の「報告書本文(PDF)」をご確認ください。

独立行政法人 国民生活センターホームページ
報告書本文(PDF)