閉じる

手足口病に気をつけましょう

現在、全国的に手足口病の患者の届出数が増加しています。

手足口病は、口の中や手足などに水疱性の発疹ができる、ウイルスの感染によって起こる病気です。

子どもを中心に夏に流行するため、特に注意が必要です。

感染経路
感染した患者の病原体を含んだ唾液が、咳やくしゃみによって飛び散り、そのしぶきを吸い込むことでの感染(飛沫感染)、病原体を直接手で触ることでの感染(接触感染)、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること)があります。

 

潜伏期間
3日~5日程度

 

症状
口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹がでます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。

 

予防策
手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。
一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排せつ物を適切に処理することです。
特に、おむつを交換するときには、しっかりと手洗いをしてください。
手洗いは、流水と石けんで十分に行ってください。
また、タオルの共用はしないようにしましょう。

 

症状がでたときは
手足口病は基本的には軽い症状の病気であり、経過観察を含め症状に応じた治療となります。
まれに、髄膜炎や脳炎などの合併症などが起こる場合があるため、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速く息苦しそう、水分が取れずおしっこがでない、ぐったりしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

こども健康課

〒850-8685 長崎市桜町6-3 (市役所別館1階)
095-829-1255