トップ> 知りたい> 長崎市こども基金

長崎市では、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ育つことを目的に、市民と行政が一体となって子ども・子育てに関する支援の取組みを推進するため、平成20年4月に2億円を原資として「長崎市こども基金」を創設しました。

基金はこのようにして積立てられます

長崎市こども基金 基金はこのようにして増やします



こども基金は、このような事業に使われます

「こども基金」は、こどもの安全安心に関する事業や子育て家庭からのニーズが高い事業であって、

  • 寄付していただいた方の気持ちが、直接子どもや子育て家庭に届けられるもの
  • 子どもの成長を支える活動への支援
  • 臨時的・緊急的に事業を実施する必要があるもの
  • 民間団体等で実施している、子どもや子育てに関する活動への支援 に活用しています。

例えば・・・

  • 子育てガイドブックのリニューアル
  • 私立幼稚園の認定こども園への移行に必要な経費の一部助成
  • 放課後児童クラブの整備
  • 保護者の仕上げ用歯ブラシの配布
  • 長崎市内の子ども達と外国の子ども達との交流事業に係る経費 など


寄附金受入及び活用額について

毎年多くの方に、寄付を頂いております。ご寄附いただいた個人及び団体の皆様へ深く感謝申し上げます。

年度 件数 寄附金受入額 活用金額

平成20年度

16件

727,464円

平成21年度

40件

3,873,519円

15,641,657円

平成22年度

12件

4,348,027円

17,564,518円

平成23年度

13件

266,610,000円

18,577,452円

平成24年度

5件

1,052,000円

18,564,714円

平成25年度

4件

2,010,000円

13,881,914円

平成26年度

7件

1,148,028円

14,547,581円

平成27年度

6件

1,210,000円

20,755,534円

平成28年度

14件

1,259,344円

28,497,893円

平成29年度(予定)

-件

1,457,000円

30,104,000円


寄附金は、税金の控除や損金算入の対象になります


個人が寄附した場合

【所得税の寄附金控除(所得控除)】
(寄附金の額(※)-2,000円) × 寄附者の所得税率

※控除の対象となる寄附金は総所得金額等の40%が限度となります。

【住民税の寄附金控除(税額控除)】

①(寄附金の額(※)-2,000円)×10パーセント

②(寄附金の額(※)-2,000円)×(90パーセント-寄附者の所得税率)

※控除の対象となる寄附金は総所得金額等の30%が限度となります。①と②の合計額を税額控除とします。②の額については、個人住民税所得割の額の2割を限度とします。

法人が寄附した場合

【法人税の損金算入】
地方公共団体に対する寄附金は、その全額が損金に算入されます。


寄附の方法

子育て支援課の窓口で直接寄附していただく方法と、納付書により金融機関で入金する方法があります。

申込書で希望の方法をお知らせください。

長崎市こども基金寄付金申込書のダウンロードはコチラ


控除については、市民税課 電話095-829-1133へお尋ねください。
長崎市こども基金については、子育て支援課 電話095-829-1270へお尋ねください。