トップ> 知りたい> 幼稚園・保育所・認定こども園等> 幼稚園【新制度に移行しない施設】について
幼稚園とは

幼稚園とは、小学校、中学校、高等学校、大学等と同じく、学校教育法に基づく学校です。そのため、幼児の発達に適した保育を行う施設設備を有し、教諭としての資格をもった専門職の教員がいます。

幼稚園は義務教育ではありませんので、子どもにふさわしい幼稚園を保護者がよく考えて選ぶことになります。

平成28年4月現在、次のとおりです。

施設区分 箇所数 備考
市立幼稚園 2 新制度へ移行(=支給認定申請が必要)
国立大学法人 1
私立幼稚園(新制度に移行する) 3 新制度へ移行(=支給認定申請が必要)
私立幼稚園(新制度に移行しない) 22


入園の申し込みについて

新制度に移行しない幼稚園の入園料・保育料等の費用は、各園で設定するため園によりさまざまです。
入園の申し込みは、毎年秋頃に各園で来年度の園児募集の申請書が配布され、受付期間内に各園で

入園手続きをします。
幼稚園の入園時に必要となるのは、入園料、制服代、教材費などです。入園後は、月々の保育料のほか

送迎バス代やPTA会費などがあります。料金は園により異なりますので、各園にお問い合わせください。


その他
  • 世帯の市民税課税額に応じて 「就園奨励費補助金」 が交付される場合があります。

詳細はコチラ ⇒ 就園奨励費おしらせ(p1-2) ・ 就園奨励費おしらせ(p3-4)

  • 私立幼稚園等が実施している預かり保育を利用している園児の保護者に対して、一定の要件を満たす場合、預かり保育料の一部を助成しています。 なお、申請期限は7月17日となっていますが、それ以降も受付可能ですので、幼稚園に提出してください。

長崎市市民局こども部 幼児課

〒850-8685 長崎市桜町6-3  TEL:095-829-1142(直通)