閉じる

放課後児童クラブ

 

イーカオ 3~5歳

放課後児童クラブとは

 

放課後児童クラブ(学童保育)とは、保護者が労働等により昼間家庭にいない小学生に対し、適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図るための施設です。
長崎市においては、運営委員会(地域の方々や利用児童の保護者で組織)や法人等により、放課後児童クラブの運営がなされており、市は、一定の要件を満たす放課後児童クラブの運営主体に対して、運営費等の補助金を交付しています。

 

【最新】長崎市放課後児童クラブ一覧(R2.4.1)

 

緊急事態宣言を踏まえた児童の受け入れについて

 

令和2年4月22日(水)から令和2年5月10日(日)の長崎市立小学校の休校期間(※1)においては、医療従事者など社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な利用者などで、家庭でお世話する人がいないなどの事情がある場合には、児童を受け入れること(日・祝除く)としております。

令和2年5月11日(月)から長崎市立小学校が再開されることとなりましたので、放課後児童クラブについてもこれに合わせて、同日から通常の開所時間による受け入れ体制としました。(※2)
なお、詳細については、各放課後児童クラブまでお尋ねください。

(※1)5月6日(祝・水)までの休校期間が5月10日(日)までに延長されました。
(※2)国立、私立小学校については休校期間が異なる場合がありますので、児童の受け入れについては各放課後児童クラブまでお尋ねください。

 

☆長崎市放課後児童クラブ開所状況一覧 (R2.4.24時点)

 

対象児童

 

市内在住の小学校に就学している児童であって、その保護者のいずれも(母子家庭、父子家庭両親のいない家庭にあっては、その保護者)が次の要件のいずれかに該当する場合です。

 

  • 居宅外で労働することを常態としていること。
  • 居宅内で児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。
  • 求職活動を行っていること。
  • 大学、専修学校又は各種学校等に通学していること。
  • 妊娠中であるか又は出産後間もないこと。
  • 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
  • 長期にわたり疾病の状態にある親族又は精神若しくは身体に障害を有する親族を常時介護していること。
  • 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
  • 市長が認める上記1~8のいずれかに類する状態にあること。

 

 

運営内容(利用料や開所時間)

 

利用料や開所時間等の運営内容は、放課後児童クラブごとに設定されています。
詳しくは、各放課後児童クラブへ直接お尋ねください。

 

 

利用の申込み

 

利用の申込み方法、受付時期や定員は、放課後児童クラブごとに設定されています。
詳しくは、各放課後児童クラブへ直接お尋ねください。