閉じる

【妊産婦の皆さまへ】新型コロナウイルス感染症に係るお知らせ

妊産婦新型コロナウイルス感染症対策事業
 新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、妊産婦の皆さまは日常生活等が制約され、強い不安を抱えて生活していることを踏まえ、長崎市では、「不安をかかえる妊婦への分娩前のウイルス検査」「新型コロナウイルスに感染した妊産婦への支援」「育児支援サービスの提供」を実施します。
 新型コロナウイルス感染症に不安を抱える妊婦がかかりつけ産婦人科医と相談し、妊婦が希望する場合に、分娩前に同感染症に係る検査を受けることができます。
  • 対象者:以下の全てにあてはまる妊婦
    • 受検時に長崎市に住民票がある
    • 分娩予定日のおおむね2週間以内である
    • 発熱などの感染を疑う症状がない対象者
  • 検査場所:かかりつけ産科医療機関
  • 検査方法:唾液又は鼻から綿棒を入れて鼻の奥から採取した粘液の検査
※検査結果が陽性となった場合、症状の有無にかかわらず、入院や宿泊療養、自宅療養となる可能性があります。また、入院先が必ずしも分娩予定の医療機関とならない場合があります。詳細はかかりつけ産科医療機関にご相談ください。
 県外で受検した検査費用の助成を受ける場合には、申請が必要です。
  • 申請方法:①以下の書類をこども健康課へ提出または郵送してください。
          □ 交付申請書    □ 領収書の写し    □領収書明細の写し
          □ 母子健康手帳の写し(P.4(分娩予定日)、P.10(検査の記録))
          ②こども健康課で確認後、交付申請書に記載された口座へ振り込みます。
※支払った検査費用を妊婦1人につき1回限り、20,000円を上限に助成します。20,000円を超えた金額は自己負担となります。
※簡易キットによる抗原検査については助成の対象外となります。
※健康保険が適用となる新型コロナウイルスの検査は助成の対象外となります。
※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに受検した検査費用が対象となります。
 新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦が支援を希望した場合、退院後、助産師、保健師等が市内の自宅への訪問や電話等により不安や孤立感の解消、育児技術の提供など寄り添った支援を実施します。
  • 対象者:新型コロナウイルスに感染した妊産婦で、退院後の支援を希望する者
  • 申込方法:分娩予定施設の医師もしくは、こども健康課へご相談ください。
育児等支援サービスの提供
 里帰り出産等ができなくなった妊産婦のかたへ、民間の育児等支援サービスの利用にかかった費用を助成します。
  • 対象者:長崎市に住民票があり、かつ、新型コロナウイルス感染症の流行により、予定していた県外への里帰り出産等ができず、育児等支援サービスを利用した妊産婦
*県外の実母等の訪問滞在による支援を受ける事ができなくなった方も対象になります。
*県内でも、新型コロナウイルス感染症の流行等により、里帰りできない事情がある場合は、事前にご連絡ください。
  • 支給対象サービス
  • 育児支援:授乳、おむつ交換、沐浴介助、通院・外出の付き添い、上の子の保育施設等への送迎など
  • 家事支援:食事の準備や片づけ、洗濯、掃除※1、買い物など
    ※1  特殊な機械等を用いたハウスクリーニング等は含みません。
*下記のサービスも対象とします。ただし、自己負担額に、別途補助を受けた場合(幼児教育・保育の無償化制度など)は、重複して支給を受ける事ができません。

*ファミリー・サポート・センター
*子育て短期支援事業(ショートステイ(短期入所生活援助事業)・トワイライトステイ(夜間養護事業))
*病児病後児保育
*保育所等による一時預かり事業
*ひとり親家庭等日常生活支援事業

(リンク) 一時的な預かりひとり親家庭等日常生活支援事業 、令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まります

  • 支給対象となる事業者等:上記サービスを適切に実施できる長崎市内の民間の育児・家事支援事業者
*事業者等については、各自で選んでいただきます。支給対象となる事業者などについては、下記問い合わせ先へご相談ください。
知人等へ個別依頼し、支払った謝礼については、対象外となります。
ベビーシッターについては、長崎市居宅訪問型保育事業に登録している方に限ります。
  • 利用期間:令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間の里帰り出産等を予定していた期間内(最大6か月を限度)
  • 利用回数:月4回×最大6か月まで(ただし産後の2か月※2間は、月8回まで追加利用可能
    ※2  産後2か月とは、出産日が属する月またはその翌月から2か月間とします。
  • 支給金額:利用1回につき、1回あたりの利用料 または10,000円のいずれか低い額
  • 申請期限:令和3年3月31日まで
  • 申請方法:交付申請書に必要事項を記載し、添付書類を添えて、こども健康課へ郵送または来所にて、月単位でまとめてご提出ください。審査の結果、支給額等について通知いたします。
    *添付書類
    ①領収書(原本)
    ②事業者が発行した明細書など(写し可。利用したサービス内容がわかる資料)
    ※無い場合は、育児等支援サービス利用明細書(第2号様式)をご提出ください。
    ③母子健康手帳の写し(出産届出済証明、妊娠中の経過、出産の状態のページ)
  • 育児等支援サービスの提供 チラシ

 

    ※ご不明の点については下記問い合わせ先へ事前にご確認ください。

<お問い合わせ>
長崎市こども健康課
〒850-0031
長崎市桜町6-3(市役所別館1階)
電話 095-829-1255


○妊婦の方々向けのリーフレット


○妊婦の皆さまへ 外出自粛中のお知らせ


厚生労働省
 ○「妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策」をとりまとめました
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10653.html

 ○ビデオメッセージ集 ~妊婦のみなさま、小さなお子様いらっしゃるみなさまへ~

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10996.html

 ○職場における妊娠中の女性等への配慮について ~新型コロナウイルス感染症対策~
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11067.html

 ○新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

 

一般社団法人 日本産婦人科感染症学会
 ○新型コロナウイルス感染症(C O V I D – 1 9)について 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ
http://jsidog.kenkyuukai.jp/information/index.asp?

【妊産婦の皆様へ】お役立ち情報はこちら
現在長崎市では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、両親学級の開催を中止させていただいております。両親学級の内容について、資料や動画にまとめておりますので、ぜひご活用ください。
また、妊娠中の経過や赤ちゃんのこと、食事面について何か気になることや心配な事がありましたら、各総合事務所へ気軽にお問い合わせください。

 

  • 講話資料
  • 動画・リーフレット
  • こちらもぜひ参考にしてください

 

相談窓口

○長崎市子育て世代包括支援センター
安心して妊娠・出産・子育てができるように、保健師・栄養士などの専門職が、さまざまな相談に対応し、必要な情報提供や、サービスにおつなぎします。

こども健康課(市役所別館1階)      電話:095-829-1255
中央総合事務所 地域福祉課健康支援係   電話:095-829-1429
東総合事務所  地域福祉課健康支援係   電話:095-813-9001
南総合事務所  地域福祉課健康支援係   電話:095-892-1113
北総合事務所  地域福祉課健康支援係   電話:095-814-3400

開設時間:月~金曜日(祝日・年末年始を除く)8時45分~17時30分

経済産業省 遠隔健康相談事業(小児科・産婦人科専門の無料相談窓口)